FC2ブログ

ノーベル賞は大隅先生に

今年のノーベル賞はついに来ました!!
オートファジーです!!

過去の記事↓
http://scienza.blog41.fc2.com/blog-entry-485.html

さて、私も昔はオートファジーの研究をちょっとやってたんで、何だかうれしいです。
(ホントです。大学院もオートファジーの研究してるところ受けました。第4希望で)

さて、オートファジーについて知りたい方へ!
以下の本がおすすめですので、興味のある方は是非ポチってください。


かなりわかりやすいと思います。
なぜ、オートファジーの発見とその研究がノーベル賞に値するのか、是非知って頂きたいです。

こういう新たな発見と言うのは今後も生物学分野で起こるのだろうか?
もっと、複雑な事象や応用研究がフォーカスされていってしまう気もします。

人体とは直接関係のない研究でも、画期的な発見とそれによる医療応用というのはあり得るのですから、
国はもっと基礎研究にお金を掛けるべきなのです。
というか、本当にお金かけないともうノーベル賞とか無理だと思います。
あと、お金の分配方法ももっとちゃんと考えなければいけません。

みんな問題を棚上げしすぎです。
このままでは、冗談抜きで優秀な研究者は日本からいなくなるでしょう。

2016年だと。。。

なんと、去年は一回しか更新していないではありませんか!

うーむ、なかなか思い通りにはいきませんな (まるで研究のようだ!)

今年は勝負?の年なので、去年以上に忙しくなるはずなんですが。。。

いやいや、今年こそ毎月更新するぞ!!

(ホントかよ)

あけまして

だいぶ更新しておりませんこのブログ。

今年はちょっとずつでもやっていきたいと思います。

そういえば昨年末頃に待望のアレが出ました。


Molecular Biology of the Cell
の第6版!!

めっちゃかっこいいデザイン!!!!

ついに数理モデルやらにも踏み込んできました!!!
うーむ、生物学はただの暗記ものから、より複雑な学問なのだと認識を改める必要があると思います。
と、物理・化学選択者の皆さんに言いたい!!!

逆に言うと、数学、物理系統の人はこれから生物学に飛び込んできたほうが、お互いにたくさんメリットがある気がする。

そんな感じで、文章の練習がてら、できるだけ更新したい!!!


検索フォーム
RSSリンクの表示
↓Feedlyに登録↓
follow us in feedly
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR